<< 伊角、中国へ | main | 塔矢アキラが来ない・・・。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2015.12.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    倉田6段

    0
      進藤ヒカルはプロ試験に合格してプロとなった。しかし、これはスタートラインに過ぎない。進藤ヒカルの目的は塔矢アキラと打つこと。だが、塔矢アキラの実力は凄まじく、同じ初段、二段などでは相手にならない。そんな塔矢は勝ち進み、気がつけばリーグ戦にまで出場できるようになっていた。こうなってくると進藤ヒカルと対局したくても、中々出来ない。

      そんな時、塔矢アキラを倒せる使い手が高段者にいた。それが倉田6段である。上段者でも塔矢アキラに勝てるのはそれほど多くなく、リーグ戦を進める塔矢アキラを止めたのはこの倉田先生だけだった。しかも、それほど年をとっているわけではない。年齢でいうと、塔矢やヒカルの一回りぐらいだ。碁の実力はずば抜けており、過去に競馬予想をするなど、中々、面白い経歴をもっている。倉田先生が塔矢アキラを止めたことで、進藤ヒカルは塔矢アキラと対局する機会が得られる。

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.12.01 Tuesday
        • -
        • 06:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック